アメリカへの飛行機情報まとめ

私たちは右記の企業から深く信頼されています。 私たちは彼らのチケットを同じプラットフォームで販売しています。

Ryanair
Easyjet
Eurowings
Vueling

日本人の旅行先としても毎年大人気の国アメリカは、日本から直行便が運行されていることもあり、非常に行きやすい国です。

広大な面積を持つアメリカには、それぞれの地域によって見れる景色も違い、魅力があふれていますので、日本からのリピーターもとても多い国でもあります。

今回はアメリカへの旅行を考えていらっしゃる方のために、日本からアメリカへ行くフライト情報、価格、所要時間などについてご紹介いたします。

飛行機でアメリカへ旅行しよう

通称アメリカで全世界に知られているアメリカ合衆国は、大西洋および太平洋に面する連邦共和制国家です。国土の総面積は985万平方キロメートルと非常に大きく、世界第3位です。総人口は3億2700万人であり、こちらも世界第3位となっています。

世界の金融の中心地として知られるニューヨーク、映画の名作を数々この世に送り出すハリウッドを有するロサンゼルス、多種多様な文化が混ざり合うサンフランシスコなど、たくさんの観光都市があります。

日本からアメリカまでの飛行機価格相場

日本からアメリカまでのフライトはシーズンによって料金が異なります。高い場合は14万円〜16万円、安い場合は6万円〜8万円前後です。

  • 【ハイシーズン】14万円〜。夏休み時期である8月、そして春休み時期である4月が最も料金が高く往復14万円ほどです。
  • 【ミドルシーズン】12万円〜。夏休み前後の7月、9月、クリスマス時期の12月がミドルシーズンで往復12万円〜14万円ほどです。
  • 【ローシーズン】6万円〜。1月、2月、3月、5月、6月、11月がローシーズンで安い時は往復6万円ほどです。8万円前後の航空券が多いです。

日本からアメリカへ行く航空会社

ユナイテッド航空

アメリカ合衆国イリノイ州シカゴに本拠を置く航空会社です。2002年に経営破綻をした過去もありますが、再建後には旅客キロベースで世界最大の航空会社となり、前に全日空(ANA)も加盟している航空連合のスターアライアンスの中心的存在にもなりました。約800機を保有しており、世界373都市に就航している非常に大きな航空会社です。

アメリカン航空

アメリカン航空はアメリカ合衆国・テキサス州フォートワースに本部を置く航空会社です。関連会社を含めると、1日当たりの運航便数は4,000便以上にもなる、旅客運送数及び旅客キロ数で世界トップクラスの大手航空会社の一つとして有名です。アメリカン航空の路線は4大陸へ就航していますが、日本を含むアジア路線は主にロサンゼルスを玄関口としています。

全日空(ANA)

ANAの呼び名で知られる全日空、正式名称全日本空輸株式会社は東京都港区に本社を置く日本の航空会社です。イギリスのスカイトラックスによる航空会社の格付けで、実質最高評価の「ザ・ワールド・ファイブ・スター・エアラインズ」の称号を、日本のエアラインとしては史上初の獲得をした航空会社でもあります。

ZIP AIR

ZIP AIRは2018年に設立された日本の国際線専門の格安航空会社です。日本航空の完全子会社であるZIP AIRはソウル、台北、バンコクなどのアジアを中心に路線を拡大していますが、2021年よりアメリカのロサンゼルス、ホノルルへも就航を開始しました。ロサンゼルスへ行く直行便の中ではとても安いことで注目を浴びています。

アメリカでよく利用される格安航空会社

アメリカに到着したら複数の格安航空会社が存在するため、アメリカ発着の格安航空券が簡単に入手できます。以下は目的地まで安価に運んでくれる格安航空会社の抜粋です。



ジェットブルー・エアウェイズについて: ジェットブルー・エアウェイズはアメリカ合衆国の格安航空会社です。運賃の安さに加え、後半席のシートピッチの拡張やシートのグレードの向上などの点を特長としており、アメリカ合衆国の国内線にだけでなく、メキシコ、カリブ海諸国、南米北部そして大西洋路線への国際線も運行している航空会社です。


スピリットエアラインについて: スピリットエアラインは全米各地へ定期便及びチャーター便を運航しているアメリカ合衆国の格安航空会社です。数あるアメリカのLCCでも、最も安い部類の航空会社です。気をつけないといけないのが機内持ち込みの手荷物に対しても追加料金がかかるという点です。

アメリカの主要空港

ロサンゼルス国際空港

住所:1 World Way, Los Angeles, CA 90045 市内中心部への公共交通機関:フライアウェイ、シャトルバン、LAXシャトル、タクシー 航空会社:アメリカン航空、ユナイテッド航空、日本航空、ブリティッシュ・エアウェイズ、エールフランス航空など

ジョン・F・ケネディ国際空港

住所:JFK Expressway & S. Cargo Rd, Jamaica NY 11430 市内中心部への公共交通機関:シャトルバス、地下鉄、タクシー 航空会社:アメリカン航空、ユナイテッド航空、日本航空、ブリティッシュ・エアウェイズ、エールフランス航空など

サンフランシスコ国際空港

住所:07611 Palma,
80 South Airport Boulevard, San Francisco, CA 94128
市内中心部への公共交通機関:シャトルバン、サムトランズ、BART、タクシー 航空会社:アメリカン航空、ユナイテッド航空、日本航空、ブリティッシュ・エアウェイズ、エールフランス航空など

 

日本からロサンゼルスへの飛行機

日本からロサンゼルスまでは直行便があります。

日本からロサンゼルスまでの距離はおよそ8880kmです。

日本からロサンゼルスまでの飛行時間は直行便で約10時間です。途中乗り継ぎをする場合、全体の飛行時間は乗り継ぎ時間によって変わります。

東京からロサンゼルスへのフライト情報

東京からロサンゼルスへの直行便はあります。

羽田空港からはユナイテッド航空が毎日21時55分に羽田空港を出発し、ロサンゼルスへ15時55分に到着する便を運行しています。便名はユナイテッド航空UA7982便です。

成田空港からはZIP AIRが火曜日の14時45分に成田空港を出発し、ロサンゼルスへ7時40分に到着する便を運行しています。便名はZipairZG24便です。

大阪からロサンゼルスへのフライト情報

大阪からロサンゼルスへの直行便はありません。

大阪からロサンゼルスへのフライトを運行しているのは、関西国際空港から全日空(ANA)が多いです。乗り継ぎ空港は東京の羽田空港です。羽田空港からロサンゼルスまでは直行便があります。

日本からニューヨークへの飛行機

日本からニューヨークまでは直行便があります。

日本からニューヨークまでの距離はおよそ10850kmです。

日本からニューヨークまでの飛行時間は直行便で約13時間30分です。途中乗り継ぎをする場合、全体の飛行時間は乗り継ぎ時間によって変わります。

東京からニューヨークへのフライト情報

東京からニューヨークへの直行便はあります。

羽田空港からは全日空が毎日10時20分に羽田空港を出発し、ニューヨークへ9時00分に到着する便を運行しています。便名は全日空 (ANA) NH110便です。

成田空港からはユナイテッド航空が水・金・土・日の17時35分に成田空港を出発し、ニューヨークへ15時55分に到着する便を運行しています。便名はユナイテッド航空UA78便です。

大阪からニューヨークへのフライト情報

大阪からニューヨークへの直行便はありません。

大阪からニューヨークへのフライトを運行しているのは、関西国際空港から全日空(ANA)が多いです。乗り継ぎ空港は東京の羽田空港です。羽田空港からロサンゼルスまでは直行便があります。

日本からサンフランシスコへの飛行機

日本からサンフランシスコまでは直行便があります。

日本からサンフランシスコまでの距離はおよそ8340kmです。

日本からサンフランシスコまでの飛行時間は直行便で約9時間30分です。途中乗り継ぎをする場合、全体の飛行時間は乗り継ぎ時間によって変わります。

東京からサンフランシスコへのフライト情報

東京からサンフランシスコへの直行便はあります。

羽田空港からは全日空(ANA)が火・金・日の22時55分に羽田空港を出発し、サンフランシスコへ15時20分に到着する便を運行しています。便名は全日空 (ANA) NH108便です。

成田空港からはアメリカン航空が月・火・木・土の18時10分に成田空港を出発し、サンフランシスコへ10時30分に到着する便を運行しています。便名はアメリカン航空AA8409便です。

大阪からサンフランシスコへのフライト情報

大阪からサンフランシスコへの直行便はありません。

大阪からサンフランシスコへのフライトを運行しているのは、関西国際空港から全日空(ANA)が多いです。乗り継ぎ空港は東京の羽田空港です。羽田空港からロサンゼルスまでは直行便があります。

※こちらは2021年12月時点の情報です。現在Covid-19の影響によりフライトの時刻変更及び欠航がありますので、最新情報は各航空会社のサイトをご確認ください。

アメリカから他の都市へ移動したい場合は、スケジュールや料金をOmioでご確認ください。

アメリカを旅行する上で便利なサイト

よくある質問

アメリカのおすすめシーズンはいつですか?

アメリカには日本と同じように四季があります。広大な面積を持つアメリカのおすすめシーズンは地域によって様々ではありますが、日本と同じく国土の大半が北半球にある国ですので、観光をしやすい時期といえば3月〜5月、9月〜10月でしょう。夏は天気の良い日も多いですが、場所によっては40度を超える猛暑となる場合もありますので、日本の春と秋の季節にあたる時期がおすすめです。

アメリカへ安く行く方法は?

日本からアメリカの主要都市には直行便が運行されています。特に2021年より就航されたZIP AIRの成田空港-ロサンゼルス間は非常に安く、ロサンゼルスだけでなくアメリカの西海岸へ行きたい方には非常におすすめです。直行便は比較的高い傾向がありますが、韓国経由、フィリピン経由などアジアの都市を経由する便が安く購入できることがありますので、費用を抑えたい方は直行便だけでなく、経由便も検索すると良いでしょう。

アメリカの人気があるルートは?

多くの観光名所がありおすすめのルートもたくさんあるアメリカですが、中でもおすすめのルートはニューヨーク-シカゴ間です。世界中の人々が一度は訪れたいと思ったことがあるであろうニューヨークから、ミシガン湖の周りに大きなビル群がそびえ立つシカゴまでの旅はアムトラック(Amtrak)の夜行列車がおすすめです。

Omioでアメリカまでの航空券を予約する方法

Omioは世界各都市からの移動方法を簡単に検索できるサイトです。日本からアメリカまでへのフライトをお探しの場合は、Omioのトップページを開いていただき、出発地に日本の都市、目的地にアメリカの都市を入力し、片道であれば出発予定日、往復であれば出発予定日と現地出発予定日を入力して検索を押してください。

表示された航空券は値段順、所要時間順、出発時間順で並び替えができますので、その中から希望の航空券を選択してください。あとはお客様の情報と支払いを行えばチケットを購入できます。

Omioでは日本からアメリカまでの航空券だけでなく、どこかの都市からアメリカ各都市へ行く交通機関を簡単に検索でき、予算に合わせた便を予約もできますので、ぜひアメリカを旅行する際にはご活用ください。

Omioアプリを使って簡単に旅行計画を立てましょう!

行きたいところにあなたを連れて行きます。 列車状況のリアルタイム更新から電子チケットまで、私たちの革新的なアプリはあなたの旅行を計画、追跡するにあたって理想的なパートナーです。

ios-badge
android-badge
Hand With Phone
通貨
言語