フランス旅行に役立つ基本情報

9月22日(日)
簡単
800以上のオフィシャルパートナーが最安で最速のルートを選択
お客様が好きなように旅行する
列車、バスまたは飛行機に乗ってヨーロッパ旅行を楽しむ
いつでもどこでも
私たちの関係は決して販売されたチケットだけではありません、私たちはお客様をずっとお手伝いします。

私たちは下記の企業から深く信頼されています。
私たちは彼らのチケットを同じプラットフォームで販売しています。

Trenitalia
Easyjet
Deutsche Bahn
SNCF

フランス旅行

フランスは常に人々に最もファッショナブルで魅力的なイメージを与えますが、実はファッションの都のパリ以外に、フランスには田舎も、中世の小さな町もあります。歴史的でありながらモダン、そして素朴でありながら趣のある、シンプルである一方でファッショナブルな一面も。フランスは世界中の旅行者の心をつかむ夢の旅先とも言えます。まずは、誰でも知っている世界的大都会のパリです。パリはそのよく融合されているモダン風と中世風建築と街道の美しさで、毎年無数の観光客を魅了しています。ルーブル美術館はパリ中心部のセーヌ川のほとりにあり、もともとはフランスの王宮であり、現在は彫刻、絵画、美術品、工芸品、オリエンタル、古代エジプト、そして古代ギリシャとローマなど合わせて7のカテゴリで、40万件を超えるの收藏を所蔵している博物館になりました。さらに、ドラマを愛する旅行者はぜひ、パリの2つの代表的なオペラハウス、オペラ・ガルニエ(Garnier)とオペラ・バスティーユ(Bastille)を訪れましょう。オペラ・ガルニエ(Ganier)は、パリにぎやかなビジネス街に位置し、ドラマを見た後ショッピングに行くのは最高です。ガルニエで上演されたのはパリのクラシックのオペラとダンスで、一方、オペラ・バスティーユ(Bastille)で上演されたのはモダンで実験的なものです。絶妙なベルサイユ宮殿はパリの南西部に位置しており、フランスの重要な観光名所です。また、パリの重要なランドマークであるエッフェル塔は、世界の建築史における技術の傑作として称賛されております。パリではどこからでもエッフェル塔が見られるのは非常にロマンチックです。

ロマンチックの都のパリ以外には、南フランスのプロヴァンスとコート・ダジュールの沿岸都市も非常に魅力的な都市です。こちらはお勧めの路線です。1日目は芸術の町アヴィニョンに到着、壮観な古代のお城の見物に行き、余裕があれば地元のバスに乗って、ArlesからSt. Remyに行って、ゴッホがいった療養所を訪ねることができます。それで南にあるカンヌに行って、スーパースターのスタイルと高級リゾート地の雰囲気を感じ、おいしいシーフードを味わうことができます。それでモロッコの青い海と空を楽しめます。

基本情報

フランスはユーロを使用します。銀行の営業時間は、会社によって違います。通常は月曜日から金曜日までの午前9時から午後5時(または6時)までです。近年、顧客の便利のために、多くの銀行が営業時間を延長することにしました。国際空港と駅に加え、大都市の特定の銀行でも外貨を交換できます。各銀行の為替レートは同じではありません。空港で両替するのは費用対効果が低いです。フランスの店では一般的にキャッシュカードやクレジットカードの使用でき、ATMも至る所にありますので、フランス旅行のときたくさんの現金の持ち歩きは必要ありません。物価が一般より高いです。パリは高消費が好みの人にとってのショッピングの楽園であり、あらゆる種類のブランド品があり、海外からの移民が多いため、食料品店や輸入品も多いです。

飲食

水と電気はかの国と同じく供給されております。水道水は生で飲めますが、一部の地域では水には石灰の多いので、それらの地域の人は通常ミネラルウォーターを飲みます。電圧は220ボルトで、アース線付きの丸型プラグを使用します。先に変圧器とソケットを用意したほうがよいです。フランスのレストランで食事をする時は、地元のメニューの順と食事マナーに注意してください。なぜなら、フランスは食事の礼儀を非常に重視する国です。通常、スープ(POTAGE)、サラダ(SALADE)または前菜(ENTREE OU HORS D'OEUVRE)、メイン(PLAT DE VIANDE OU DE POISSON GARNI)、チーズ(FROMAGE)およびデザート(DESSERT)で構成されています。フランスでは食事が一般的には15〜30ユーロ程度で、食事の後は一人当たり0.5〜1ユーロのチップを残す習慣があり、食事の時間は比較的長いです。室内の文化的イベントや食事の場合ではきちんとした服装が必要です。遅刻・早退はだめです。大声で話すのも礼儀的に正しくないです。パリの首都で牡蛎を食べるのが流行で、普通に美味しい店でも、贅沢な高級料理店でも、牡蛎が見つけられます。

地理的な位置と気候

フランスは欧州連合の総面積の約5分の1を占めており、西ヨーロッパ最大の国であり、広大な領海を持っています。フランスは地理的条件がよく、平野が国の総面積の約3分の2を占めています。主な山脈はアルプスです。モンブランのピークは海抜4,807メートル、ヨーロッパで最も高いピークです。北海、イギリス海峡、大西洋、地中海に囲まれ、豊富な海洋資源を持っています。さらに、海が気温を調整することができますので、フランスの冬をほかの大陸性気候の国より暖かくさせます。

時間帯

通常日本とパリとの時差は、8時間です。日本の方が8時間進んでいます。サマータイムの場合は時差が7時間になります。

交通状況

フランスの主な公共交通機関は地下鉄、バス、電車と飛行機です。しかし、近年では鉄道や空港の職員に大きなストライキが頻繁に発生しますので、フランスに行く前にまず地元のストライキについて調査の必要があり、また日本に戻る際にも関連情報に注意してください。首都圏周辺の公共交通機関には、バス、地下鉄、RER(パリと郊外を結ぶ高速列車)などがあります。RERの2セグメントで同じチケットが利用可能です。片道チケットが1.90€、10回乗れるジョイントチケットが14.50€、その上デイチケットと週末チケットなどもあります。地下鉄は午前5時30分から運行します。最後の一本は翌日午前0時40分で出発します。バスは早朝6時から夜10時まで運営しているほか、夜中から朝まで運行している夜行バスもあります。

フライト

フランスの主な国際空港はパリ・シャルルドゴール空港です。ヨーロッパから出発した場合、大手航空会社と格安航空会社のeasyJet、Ryanairなどによって運行されているフライトがあります。フランスの主要都市でも小さな町でも飛行機でアクセスできます。

鉄道

都市間は鉄道や飛行機を選ぶことができます。フランスの鉄道は非常に便利です。先に予約する場合は非常にお得な価格で乗車券を買えますので、旅行前ネットで乗車券の情報を留意してください。フランスの列車はフランス国鉄(SNCF)によって運営されており、ヨーロッパで2番目大きい鉄道網で、パリを中心に周辺の町や都市に広がっています。フランスの列車は主に高速列車TGVと一般都市間列車INTERCITÉSの2種類に分けられ、乗客は必要に応じてチケットを購入することができます。前者は高速鉄道で、運賃がより高く、それに予約が必要です。後者は座席が2種類がありますので、乗客は自由に選択できます。世界有名なTGV高速鉄道は1981年に運行し始め、パリ、ニース、リヨン、マルセイユ、ボルドーなどの主要都市を連結します。スペイン、イタリア、スイス、ベネルクスなどへの国際線もあります。ほかには、フランス国鉄が運営を参加するユーロスターで、パリから快適かつ迅速にロンドンに到着することができます。

バス

列車は長い間フランス人とフランスに行く観光客にとって主要交通手段として好まれてきましたが、2015年に政府が長距離バスの市場参入を開放して以来、バスによる旅行も人気になりました。National Express、Eurolines、FlixbusとMegabusがフランスで業務を展開しました。最も人気の路線はロンドンからパリパリからバルセロナパリからブリュッセルなどです。

Omioアプリを使って簡単に旅行計画を立てましょう!

行きたいところにあなたを連れて行きます。 列車状況のリアルタイム更新から電子チケットまで、私たちの革新的なアプリはあなたの旅行を計画、追跡するにあたって理想的なパートナーです。

ios-badge
android-badge
Hand With Phone

We use cookies to provide a better service, analyse user behaviour and to retarget Omio ads on other websites. By proceeding, you accept the use of cookies in accordance with our privacy policy. You may opt out at any time.