ブリュッセル観光完全ガイド!費用やおすすめシーズン等を紹介

私たちは右記の企業から深く信頼されています。 私たちは彼らのチケットを同じプラットフォームで販売しています。

Trenitalia
Easyjet
Deutsche Bahn
SNCF
宿泊

ブリュッセルに滞在する場所が必要ですか?

地図上で確認

人気ホテル

もっとを見る

全体的な住宅やアパート

もっとを見る

私たちのパートナーBooking.comを通して最適な宿泊を見つけましょう

全部を見る

このルート上の重要な駅と空港

ブリュッセル

ブリュッセルはベルギーの首都です。ヨーロッパの中央に位置していることから「EUの首都」と呼ばれており、国際機関の本部が数多く置かれています。ブリュッセルはフランスのパリと似た雰囲気であることから「小パリ」と称され、観光スポットもたくさんあり、数多くの旅行者が世界中から訪れています。今回はブリュッセルへの旅行を考えていらっしゃる方のために、費用やシーズン、おすすめのお土産などをご紹介いたします。

ブリュッセルの基本情報

  • ブリュッセルはベルギーの首都で、ベルギーのちょうど中央あたりに位置しています。フランスやオランダに非常に行きやすい場所でもあり、鉄道であれば乗り換えなしでパリやアムステルダムに行くことができます。
  • ブリュッセルでは主にフランス語が話されています。ベルギーの公用語はフランス語とオランダ語となっているのですが、ブリュッセルではフランス語を話す人の割合が多くなります。しかし、ブリュッセルの主要な観光地ではほとんどの人は英語を流暢に話すことができますので、旅行中にフランス語、またはオランダ語が話せないことで困ることはほとんどないと考えていただいて大丈夫です。
  • ブリュッセルの面積は約161平方キロメートルです。東京都の面積が約2194平方キロメートルですので、東京都と比較すると14分の1ほどの大きさとなります。
  • ブリュッセルの人口は約116万人です。東京都の人口が約1396万人ですのでおよそ12分の1ほどの人口となっています。
  • ブリュッセルと日本の時差は通常時は8時間となり、日本の時刻から8時間マイナスしていただくとブリュッセルの時刻となります。ブリュッセルを含むベルギーでは毎年3月の最終日曜日から10月の最終日曜日までの期間をサマータイムとしており、その期間は日本との時差が7時間となり、通常期よりも時差が1時間縮まります。
  • ブリュッセルでは原則チップは必要ないと考えてください。ただ、よほど気持ちの良いサービスを受けた際などには10%ほどを上乗せして支払うと良いでしょう。チップが当然のようにある文化ではありませんので、強く意識しておく必要はありません。ホテルや飲食店など、チップを渡すことを思い出すほど良いサービスを受けた際に1ユーロ〜2ユーロほどを渡すと良いでしょう。

ブリュッセル旅行の費用について

ブリュッセルと日本の物価を比較すると、観光客が集まる飲食店などは高く、それ以外は日本と同じ程度と思ってください。レストランではだいたい2500円〜5000円ほど、ファーストフード店や軽食を出しているお店では1000円前後となります。ベルギーで有名なベルギーワッフルはトッピング次第ではありますが300円〜1000円ほどです。

節約をするのであればスーパーで買い物をして自炊をするという方法がオススメです。デレーズというスーパーがベルギーの大手スーパーチェーンで、他のスーパーと比較しても安くいろんなものを購入することができます。生鮮食品やチーズなどは日本と比較しても安いと感じることが多いでしょう。ベルギーといえばビールが有名ですが、日本でも有名なLeffeなどを日本で買う半額以下でも見つけることができます。

宿泊に関しては大手の五つ星ホテルなどは3万円以上が多いです。オフシーズンであれば3万円以下で宿泊できることもあります。4つ星の中級クラスのホテルも多くあり1万円前後で宿泊できるホテルを見つけることもあまり難しくはありません。

一人で個人旅行やバックパッカーをされる方もたくさんいますので、ゲストハウスもブリュッセルの各地に複数あります。ゲストハウスのドミトリーであれば1泊2千円ほどで見つかることもあります。ただし、ブリュッセル南駅付近は治安が悪い地域となっているため、安いといえどなるべく避けるようにしたほうが良いでしょう。

旅行のスタイルにもよりますが、ブリュッセルや周辺の観光地へたくさん訪れるようなスタイルの場合であれば1日1万5千円前後、節約をしながらということであれば5千円ほどから見積もっておくと良いでしょう。

ブリュッセル観光のベストシーズンについて

ブリュッセルでは日本と同じように四季の移り変わりを楽しむことができます。観光しやすい時期は4月〜10月ですが、特に観光のベストシーズンをあげるなら6月〜8月です。夏のブリュッセルは日本ほど暑くはならず、湿度も低いためカラッとした気候で観光には最適の季節です。

ただし、7月8月は夏休み時期になりますので様々な観光地は軒並み混んでいることが多いです。そのため、夏休み時期を外せるのであれば4月5月、もしくは9月10月の方が良いでしょう。肌寒い日が増えてはきますが、まだ厚手の防寒具は必要ではない時期となります。ブリュッセルは一年を通して雨がよく降りますので、訪れるシーズンに関わらず、突然の雨対策はしておくことをオススメします。

ブリュッセルの交通について

ブリュッセル市内の交通に関しては地下鉄・トラム・バスがあります。観光時には地下鉄を利用するのが便利ではありますが、ブリュッセルの観光地はそれぞれそこまで離れていませんので、徒歩でもまわることができます。

街並みを見ながらゆっくりと移動したい方にはトラムがオススメです。ブリュッセルの街並みは歴史の深い建物が非常に多く、見てるだけでも非常に楽しむことができます。雰囲気の良さそうなレストランやカフェなども見つけることができます。

チケットは1回券、割引のついた回数券、24時間乗り放題券などがあります。こちらは全て共通チケットとなりますので、地下鉄・トラム・バスに加え地下鉄ではない電車に乗っても大丈夫です。

空港からブリュッセル市内への行き方

ブリュッセル空港

ブリュッセル国際空港はブリュッセル市内中心部から北東に約12kmほど離れた場所にあります。ブリュッセル市内への行き方はとても簡単です。

空港からブリュッセル市内へ行く最も簡単なのは電車を利用する方法です。空港の地下に駅があり、そこからブリュッセル市内の中心まで行くことができます。エアポート急行が運行されており、北駅、中央駅、南駅に停まりますので、宿泊先に近い場所で降りる、もしくは地下鉄と乗り換えがしやすい駅で降りると良いでしょう。グラン・プラスなどがあるのは中央駅です。

もう一つバスで行く方法もありますが、こちらは値段は安くはなりますが時間もかかりますので、重たい荷物を持って移動するのにはオススメできません。

ブリュッセルで買うおすすめのお土産

コートドールのチョコレート

ベルギーといえばチョコレートが有名な国で、日本でも人気の高い高級チョコレートブランドのGODIVAやピエール・マルコリーニなどがブリュッセルに店舗を構えています。コートドールもベルギーでは非常に人気の高いチョコレートで、なんといっても他の高級なチョコレートブランドとは違ったカジュアルさが特徴です。スーパーマーケットなど比較的簡単に手に入りますし、お値段も手頃ですので、お友達に配りたいお土産には最適です。

キュベルドン

キュベルドンはベルギーの伝統的な一口タイプの砂糖菓子です。表面はやや硬くて噛み砕くと、中から甘いフルーツのシロップが出てきます。日本ではあまり見かけないお菓子ですので、ブリュッセルのお土産にちょうど良いでしょう。あまり日持ちしませんので、ブリュッセル滞在の最終日に近い日に購入することをオススメします。

ブリュッセルのおすすめ観光地

  • サンミッシェル大聖堂
  • モネ劇場
  • グラン・プラス
  • ブリュッセル市庁舎
  • 小便小僧の像

ブリュッセルの美しい街並みを見に行こう

ベルギーを訪れる全ての人が立ち寄ると言っても良いブリュッセルは、歴史ある建物がたちならぶ中世のヨーロッパの雰囲気が今も残る美しい街です。

観光の拠点となるグラン・プラスの周りにはブリュッセル市庁舎やブリュッセル市立博物館が建っており、非常に美しい景色をつくりあげています。ベルギー各地へのアクセスもベルギー国鉄(SNCB)に乗車すれば非常に快適かつスピーディーに移動も可能です。

Omioではブリュッセルからベルギー各都市へ行く交通機関を簡単に検索でき、予算に合わせた便を予約することもできますので、ぜひブリュッセルを旅行する際にはご活用ください。

Omioアプリを使って簡単に旅行計画を立てましょう!

行きたいところにあなたを連れて行きます。 列車状況のリアルタイム更新から電子チケットまで、私たちの革新的なアプリはあなたの旅行を計画、追跡するにあたって理想的なパートナーです。

ios-badge
android-badge
Hand With Phone
通貨
言語