私たちは右記の企業から深く信頼されています。 私たちは彼らのチケットを同じプラットフォームで販売しています。

Trenitalia
Easyjet
Deutsche Bahn
SNCF
宿泊

宿泊したいですか?

地図上で確認
人気ホテル
全体的な住宅やアパート

私たちのパートナーBooking.comを通して最適な宿泊を見つけましょう

全部を見る

このルート上の重要な駅と空港

ミュンヘン
München
便利な施設
Munich - Franz Josef Strauss
便利な施設
お茶とお菓子
お手洗い

よくある質問

空港はどこですか?そこに着くための最良の方法は何ですか?
S-Bahn1号線と8号線が空港と主要鉄道駅を結んでいます。

ドイツのミュンヘンはバイエルン州の州都であり、古くからの歴史ある建物や美術館が多くある大きな都市です。ミュンヘンがもっとも盛り上がるのが、毎年9月から10月にかけて行われるビールの祭典「オクトーバーフェスト」です。会場にはいくつもの巨大なテントが建てられ、中では数百人の人々が大きなジョッキを持ち、歌い、1日中ビールを飲んでいます。

今回はミュンヘンへの旅行を考えていらっしゃる方のために、費用やシーズン、おすすめのお土産などをご紹介いたします。

ミュンヘンの公用語、人口、面積、時差、チップなどの基本情報

  • ミュンヘンはドイツにあるバイエルン州の州都です。ドイツの中ではベルリン、ハンブルクに次ぐ3番目に大きな都市です。
  • ミュンヘンでは主に公用語であるドイツ語が幅広く話されています。しかし、ミュンヘンの主要な観光地ではほとんどの人は英語を流暢に話すことができますので、旅行中にドイツ語が話せないことで困ることはほとんどないと考えていただいて大丈夫です。
  • ミュンヘンの面積は約311平方キロメートルです。東京都の面積が約2194平方キロメートルですので、東京都と比較すると7分の1ほどの大きさとなります。
  • ミュンヘンの人口は約147万人です。東京都の人口が約1396万人ですのでおよそ10分の1ほどの人口となっています。ドイツの中では比較的人口密度が高い都市です。
  • ミュンヘンと日本の時差は通常時は8時間となり、日本の時刻から8時間マイナスしていただくとミュンヘンの時刻となります。ミュンヘンを含むドイツでは毎年3月の最終日曜日から10月の最終日曜日までの期間をサマータイムとしており、その期間は日本との時差が7時間となり、通常期よりも時差が1時間縮まります。
  • ミュンヘンでは基本的にチップは必要ないが場合によると考えてください。というのもドイツでは飲食店などではサービス料を含んだ金額で請求をされることがあります。そういった場合はチップは必要ありません。ただ、よほど気持ちの良いサービスを受けた際などには10%ほどを上乗せして支払うと良いでしょう。チップが当然のようにある文化ではありませんので、強く意識しておく必要はありません。ホテルや飲食店など、チップを渡すことを思い出すほど良いサービスを受けた際に1ユーロ〜2ユーロほどを渡すと良いでしょう。

ミュンヘン旅行の費用について

ミュンヘンと日本の物価を比較すると、観光地に関しては少し高めのところもありますが、そこまで日本とは大きな差はありません。観光地で食事などをすれば一食二千円程度になることもありますが、観光地以外の飲食店では千円前後でも食事はできます。

スーパーなどで買い物をすれば、野菜や果物、肉類もほぼ日本よりは安く、ソーセージやチーズ、ワインなどは日本の価格と比べるとびっくりするほど安いものも見つかります。ミュンヘンにはALDIやLIDLという大きなスーパーがありますので、そこで買い物をすればかなり安く食費は抑えることができるでしょう。

宿泊に関しては大手の五つ星ホテルなどは3万円〜7万円ほどです。オフシーズンであれば3万円以下で宿泊できることもあります。中級クラスのホテルも多くあり、7千円ほどで宿泊できるホテルを見つけることもあまり難しくはありません。

一人で個人旅行やバックパッカーをされる方もたくさんいますので、ゲストハウスもミュンヘンの各地に複数あります。ゲストハウスのドミトリーであれば1泊2千円ほどで見つかることもあります。ただし、オクトーバーフェストのシーズンはドミトリーと言えど1万円近くすることがあります。早めに予約をしても値段は高いため、オクトーバーフェストのシーズンにミュンヘンへ行く場合は、宿泊代に関してはかなり高めに予算を見積もっておく方が良いでしょう。

旅行のスタイルにもよりますが、ミュンヘンや周辺の観光地へたくさん訪れるようなスタイルの場合であれば1日1万5千円前後、節約をしながらということであれば5千円ほどから見積もっておくと良いでしょう。

ミュンヘン観光のベストシーズンについて

ミュンヘンには日本と同じように四季があります。ミュンヘンの年間平均気温は8度と東京と比べると寒いことがわかります。もっとも暑いのは7月8月で、この期間は平均気温が22度ほどになります。観光のベストシーズンは6月〜9月です。ミュンヘンの冬は非常に寒く、0度を下回ることもよくあります。

ミュンヘンがもっとも盛り上がる季節が9月の半ばから10月頭まで開催されているビールの祭典「オクトーバーフェスト」のあるシーズンです。この期間、世界中からお祭り好き、ビール好きの旅行者が訪れ、ミュンヘンの街は人で溢れかえっています。そのため、ホテルや航空券などの値段は普段の倍以上になることもしばしばです。

冬は大変寒さが厳しいミュンヘンですが、ドイツはクリスマスマーケットが有名で、ミュンヘンでもマリエン広場でクリスマスマーケットが開催されます。この時期はイルミネーションのライトアップも非常に美しく、幻想的な景色を目にすることができます。しかし、ホリデーの期間となりますのでお店が閉まっていることも頻繁にありますので、クリスマスから年越しにかけて訪れる際は気をつけましょう。

ミュンヘンの交通について

ミュンヘン市内の交通に関しては鉄道がもっとも便利です。ミュンヘンにはSバーンという近郊列車とUバーンという地下鉄が走っています。ミュンヘン市内を観光するならUバーンを利用すると良いでしょう。チケットは1回使い切りタイプや1日乗車券、10枚つづりの回数券などがあります。

ミュンヘンの観光時に違った味わいを見せてくれるのがバスとトラムでの移動です。地下鉄と違って外の景色を見ながら移動でき、ミュンヘンの街並みを楽しむことができます。また、地下鉄の駅から離れた場所に停留所があったりするので、行き先によってはバスやトラムを利用するのも良いでしょう。

空港からミュンヘン市内への行き方

ミュンヘン空港

ミュンヘン空港、正式名称フランツ・ヨーゼフ・シュトラウス空港はミュンヘン市内中心部から約35kmほど離れた場所にあります。ミュンヘン市内への行き方はとても簡単です。

もっともわかりやすい方法はルフトハンザ航空が運行しているルフトハンザ・エクスプレスというシャトルバスです。バスは15分間隔で運行しているため、待ち時間も少なく、ミュンヘン中央駅まで行くことができます。

もう一つ、鉄道のSバーンを使ってミュンヘン中央駅まで行く方法があります。交通渋滞によって到着時刻が左右されるバスとは違い、こちらはほぼ時刻通りに運行されています。市内までも40分ほどで到着します。

ミュンヘンで買うおすすめのお土産

ダルマイヤーのコーヒー

日本でも人気のあるダルマイヤーのコーヒーですが、こちらはドイツのメーカーになります。ミュンヘンのマリエン広場にあるダルマイヤー本店へ行けば、色んな柄の缶が並んでおり、非常に可愛いのでお土産にもオススメです。日本で購入するよりも安く買えますので、コーヒー好きの方は自分へのお土産にするのも良いですね。

アイスヴァイン

アイスヴァインはハチミツのような濃厚な甘さが特徴的な貴腐ワインです。ドイツはビールだけでなくワインも非常に有名で、日本ではとても高級な貴腐ワインですが、ミュンヘンの大手スーパーなどで探せば1000円以内でも見つかることがあります。お酒とは思えないような甘いフルーツジュースに似た味のアイスヴァインをぜひお試しください。

ミュンヘンのおすすめ観光地



  • フラウエン教会
  • レジデンツ
  • ミュンヘン新市庁舎
  • ニンフェンブルグ城
  • アルテ・ピナコテーク

ミュンヘン観光を充実させましょう

ドイツの中でも特に観光客が多く訪れる街ミュンヘンは、大きな都市であるにも関わらず、どこか静かで穏やかな印象を持たせてくれる魅力あふれる街です。

観光の拠点となるマリエン広場やロマンチック街道沿いにあるハールブルク城、少し離れた場所には世界遺産に登録されているヴィース教会や、シンデレラ城のモデルになったとも言われているノイシュバンシュタイン城があります。ドイツ各地へのアクセスもドイツ鉄道(DB)に乗車すれば非常に快適かつスピーディーに移動も可能です。

Omioではミュンヘンからドイツ各都市へ行く交通機関を簡単に検索でき、予算に合わせた便を予約することもできますので、ぜひミュンヘンを旅行する際にはご活用ください。